真夏の相模湖でブラックバス!

Ad

真夏の相模湖でブラックバス!

帰省ラッシュにはまらないようにAM3時に家を出てAM4時着。
AM4時の相模湖は少し肌寒いぐらいの気温でした。

ボート屋さんが空く時間にお邪魔して準備をして出船。
夏だし大会でも無いので、トップウォーターとプラグを中心に。

まずは秋山川を上流に向かうことにしました。
ルアーはイマカツ アベンタクローラーからスタート。

シャローに投げてデッドスローで巻いてきます。
ほとんど移動距離なしでしっかりバスにアピールするこちらのルアー。
しっかりと考えて作りこまれている感じがします。

秋山川上流部は減水の影響でこんな感じ。
真夏の相模湖でブラックバス!_1

地形が分かるので、満水になった時にもイメージしながら釣りができるようになって良さそうです。

この日はボイルがほとんど無かったので、広範囲に探るためにルアーチェンジ。
ボルケーノグリッパー

ゆっくり巻いてもしっかりとした金属音。
音が大きすぎるのか、周囲の人の視線もなんとなく気になります。

ボルケーノグリッパーにはたまにチェイスあり。
水面を意識しているのが良く分かります。
横の動きも良さそうです。

相模湖・津久井湖はバズベイトが良いとインターネットを検索すると出てきます。
タフレイクと言われれている中でなんとなく違和感を感じる面白い湖です。

秋山川の上流に向かっていましたが、人がたくさんいるのでUターンして本流、大曲方面へ。
本流も減水していますが、青粉がすごいです。
ただ、青粉がシェードをになるので青粉の下についているケースも少なくないとか。

上流に向かってボルケーノグリッパーで流していきます。
やはりチェイスはありますがなかなかバイトにまでいきません。

シルエットが大き過ぎるのか、アピールが強すぎるのか・・・?
バジンクランクに交換です。

本流には良い感じのレイダウンや水の当たる岩盤がたくさんあるので、その辺りを中心に狙います。
すると・・・
真夏の相模湖でブラックバス!_2

25cm前後のサイズです。
ちなみにこんな場所でした。
真夏の相模湖でブラックバス!_3

立木ギリギリを通してくると勢い良く出てくれました。
その後、同じような場所でバジンクランクで2匹。

岩盤エリアで2匹でした。
岩盤エリアで釣れたのはタイニーブリッツ。

魚探で見ると8mぐらい水深のある岩盤エリアで、表層系のルアーで釣れたので、岩盤の中層付近にサスペンドしていたのかもしれません。
魚探を見ると、3〜5mぐらいのところに反応がありました。

この日の相模湖は25cm前後を合計5匹でした。
小さいルアーばかり使っているからサイズも小さいのかもしれませんが・・・

大きいやつを釣りたい!です。