9月25日、久しぶりの晴れの日に津久井湖へ

Ad

9月25日、久しぶりの晴れの日に津久井湖へ

雨の日が続く中、久しぶりに晴れた日曜日に津久井湖へ行ってきました。
9月25日、久しぶりの晴れの日に津久井湖へ

減水状況が解消され、秋めいてきて魚は場所、水深共に散らばっているとのこと。
ベイトフィッシュが鍵のようです!

ということで、魚探を頼りにまずは上流、6番方面へ。
魚の反応は3m〜10m程のところに映ることが多いです。
6番に到着するまで、水深と狙いたいレンジに合わせてクランクを変えながら
キャストしていきます。

チェイスあり!
フォローでスワンプJrの1/32ozネコリグを入れてみます。

岩盤ギリギリのところを6mぐらい沈めたところでバイト!
深場でかけたのでゆっくり上げてくると、20cm程のバスでした。
スワンプはよく釣れます!

少し移動したところで同じリグでフォール中にバイト!
またしても20cm程。
今度は着水してすぐなので、おそらく1mぐらいしか沈んでない深さです。

サイズアップを狙ってリグチェンジ。
1/8ozシンカーで深いレンジを少しリアクション気味に狙ってみます。

10投した頃にバイト。
水深は約10m程。
しかしまたしても20cm程です。

その後は反応がなくなり移動!

次は馬渡ワンドへ。
最奥の流れ込みに良い感じのゴミ溜まりを発見!
9月25日、久しぶりの晴れの日に津久井湖へ2

スモラバにドライブシュリンプの3インチをキャスト。

40cm〜55cm程の魚が6匹程スクールしていたのでサイトで粘りました。
シェイクしたりステイさせたり、色々やってみました。
反応するタイミングはあるものの口を使わせるまでにはいたらず・・・
少し粘りすぎました。

この後は、ハイカットを投げながらボート店へ戻り終了。

この日はエアレーションが止まっていたせいか、あまり良くなかったそうですが、
大きいのを釣った人も数を釣った人もいたようで、ポイントとルアーをはめることができれば
楽しい1日だったようです。

そしてやはりキーワードは「秋の釣り」、「ベイトフィッシュ」のようです。