上手い人はタフレイクで有名な相模湖でも釣る!

Ad
上手い人はタフレイクで有名な相模湖でも釣る!
スポンサーリンク

上手い人はタフレイクで有名な相模湖でも釣る!

YouTubeで見つけました。
オーバーライドが炸裂!! 並木&寺沢が探し当てた秋の相模湖ディープパターン

真夏の小バスの数釣りならHPシャッドテールなどで可能です。


ただワカサギレイクの相模湖は、ベイトフィッシュのワカサギと共に移動してしまうため、夏のように、オーバーハングや係留されている船の下を釣ればなんとか魚を触れる!というような状況ではなくなってしまいます。

「魚が散る&沈む」、そしてベイトフィッシュが豊富なのとプレッシャーのせいで、なかなか口を使わない。
そうなると、1日頑張ってもノーフィッシュ。。。なんてことも増えてくるのが相模湖の秋のイメージです。

そんな中でしっかりと結果を出す2人のプロの動画がYouTubeに公開されていました。
活躍するルアーはO.S.Pのオーバーライド!
メタルバイブレーションです。

オールシーズンメタルでオーバーライドする
フィールドのハイプレッシャー化が進む中で、釣果を上げるためには”食わせ”と”リアクション”を使い分ける必要が高まっている。リアクションには、バスの動きが鈍い『低水温期』特有の釣りと、『ハイプレッシャー時』に無理やり口を使わせるテクニックとしてオールシーズン有効である。そもそもメタルバイブは低水温期中心のルアーであることは間違いない。しかし、性能的に必要な条件を満たし最上のクオリティに達すれば、通年よく釣れる上に他のルアーに釣り勝つ爆発力も秘めている。今回特にリフト&フォール性能では、多くの条件を網羅した垂直リフトとNo.1のスライドフォールを全てのサイズに最高次元で搭載した。秋~春の低水温期に最上の性能を発揮するのはもちろん、ハイシーズンでも他のルアーが食わせられない中で結果を得ることがでる。
リフト&フォールの超高次元両立
全ての部位に意味のあるボディ形状によって、ロングキャスト性能やただ巻きでのレンジキープ力はもちろん、各社最も性能差が分かれるリフト&フォール性能を特化させた。垂直リフトでは素早い泳ぎ出しと、キレ良くハイピッチなバイブレーションがロングポジションでも明確に手元に伝えてくれる。フォールでは生命感のあるスライドフォールの頻度を極限まで高め、右カーブ、左カーブ、直進フォールとバリエーションの豊富さがバスに見切られにくくバイトを量産する。この多彩でナチュラルなスライドフォールと垂直リフトでの強いバイブレーションの緩急は、ハイプレッシャー時に切り札的にバイトを得られる上に、ビッグバスへの効果も高い究極のリアクションベイトである。

1/8oz (3.5g)も2016年12月に発売予定の模様!!

これから相模湖に釣りに行く予定がある方は、防寒着と一緒にオーバーライドを用意していくと良いかもしれません。