コールマン アウトドアワゴン

Ad
コールマン アウトドアワゴン
スポンサーリンク

コールマン アウトドアワゴン

便利(そうな)商品を教えてもらいました。

例えばご自宅から車まで距離がある場合、もしくは車を停めた場所から桟橋まで距離がある場合、何往復もするのはなかなかつらいものです。

エレキを運んで、バッテリーを運んで、魚探セットとタックルを運んで、ロッドを運んで、ライブウェルを運んで・・・と何往復もするのは手間です。疲れます。

そこでこちら。


多くの荷物を楽に運べる簡単収束型ワゴン
■大型タイヤでスムース楽々移動
■ストッパー付タイヤでさらに使いやすい
■両サイドにDリング付きで荷物の固定が出来る
■収納カバー付き

●使用時サイズ:約1、060×530×1000(h)mm
●収納時サイズ:約180×400×770(h)mm
●荷台サイズ:約880×420×310(h)mm
●重量:約11kg
●耐荷重:約100kg
●付属品:フック付きラバーバンド、収納ケース

ポイントは、
●耐荷重:約100kg
でしょう。


重たいバッテリー、こちら重量が23.6kgとのことです。
※ボイジャー M27MF 105Ahの場合

仮に24Vバッテリーが必要なエレキだった場合、バッテリー2個で重量は47.2kgです。
予備も積んで3つにしても70.8kg。
予備を積んで4つにしても94.4kg。

4つまではなんとかなりますね。
ちなみにタイヤはこんな感じ。
コールマン アウトドアワゴン


頼もしそうなタイヤですね。

こちらを購入すれば、自宅と車の往復であったり、車とボートの往復の回数を減らせるでしょう。
アウトドアワゴンは折りたたんでそのままボートに載せることができますが、ボート屋さんに頼んで桟橋に置かせてもらった方が良いかと思います。

他にも様々なアウトドアワゴンがります。


100kg荷重以外にも80kg荷重であったり60kg荷重であったり、様々な商品がありますが、ボートでバスフィッシングの場合は100kg荷重の商品が良いかと思います。

相模湖で秋山川釣りの家(https://goo.gl/ReQObb)や津久井湖の津久井観光(http://tsukuikankou.com/)その他、その他各レイクの駐車場から桟橋が離れている場所ではかなり活躍しているようです。

よかったらぜひ!