レンタルのローボートを快適なハイデッキ仕様に☆

Ad
レンタルのローボートを快適なハイデッキ仕様に☆
スポンサーリンク

レンタルのローボートを快適なハイデッキ仕様に☆

宮城の妻の実家にGWで帰省する途中にある湖(沼?池?)で、現地の友人と2時間程釣りをする時間があったので、やってみました。

全く釣れる気配がなく、あっという間に釣りの時間も終了してしまったのですが、大きな収穫がありました。

なんでも追加料金を払うと(¥500-)、レンタルボートがハイデッキになるんだとか。

モーターガイドのX3を買って、レンタルボートの釣りにハマっているので、レンタルボート関連の情報は気になっていて、ハイデッキにも興味を持っていました。

そこで、¥500-払って、ハイデッキでお願いしてみました。

レンタルボートのハイデッキ

といっても、バッテリーやエレキが重いので、ハイデッキ用の道具を買うつもりはありませんでした。

「何か持ち運びが楽なものがあったら検討しようかなー」ぐらいな感じでした。

そしてそれが、今回のレンタルボート屋さんにありました。


◆全長:横700mm、縦610mm、高さ300mm
◆デッキスペース:横650mm、縦550mm
◆エレキフットペダル収納部:横250mm、縦350mm、高さ100mm
★安定性の悪いレンタルボートでもよりセンターバランスになることにより、安定性が増すことが出来るためさらに釣りやすくなります。
デッキスペースも広くなるので快適です。また ハイマウントとミドルマウントに関しては裏返しにすることにより収納ボックス代わりに使えますのでとても便利です。
★ハイマウントタイプは、ボートの最上面と同じ高さハイデッキ仕様です。

高さが300mm、つまり30cmありますので、視界が全く異なります。
そしてエレキがキャストの邪魔にならない!

私が普段行くフィールドは相模湖や津久井湖で、相模湖であればオーバーハングの下にスキッピングでジグを入れたり、津久井湖であればロッドティップを下にしてキャロのズル引きをするのですが、エレキの頭を気にせず、釣りに集中することができます。

釣りに集中できれば釣果アップ・・・かどうかは分かりませんが、釣りをしやすいのに超したことはありません。

そして、このハイマウントの便利なところがこちら。


両サイドに取って付き。
ペンチを引っ掛けて置くのに丁度良かったです。



短時間の釣りだったので魚探は積まなかったし荷物もそんなに無かったのですが、確かに写真のように使用することが出来て便利そうです。

桟橋と車との往復を1回減らすことが出来そうです。

フロアデッキやハイデッキを購入するとある程度の費用がしますし、釣りを始める前の桟橋での準備や前日の荷造りが増えるので今までは少し抵抗がありましたが、サウザーのフットコンマウントであればその悩みも解決しそうです♪

興味がある方、良かったら検討してみてください!