【津久井湖のブラックバスを魅了中?】O.S.PのDoLiveBeaver(ドライブビーバー)

Ad
【津久井湖のブラックバスを魅了中?】O.S.PのDoLiveBeaver(ドライブビーバー)
スポンサーリンク

O.S.PのDoLiveBeaver(ドライブビーバー)

O.S.Pから新しく発売されたワーム、DoLiveBeaver(ドライブビーバー)津久井湖のブラックバスを魅了中のようです。


8月後半の津久井湖ということで、台風の濁りが残っている映像とともに、この辺のポイントで釣ってるんだな~と言うのは分かるのですが、絶対に同じ場所でやっても自分には同じ数・サイズのブラックバスは釣れないだろうなぁというのも分かります。

躍動するギュンギュンバサロ!!

ホグ系の新たなワームとして誕生したドライブビーバー。特徴はカバー際でのすり抜けやすさや誘い、フッキング、キャストのしやすさといったトータル性能の高さ。そしてDoLiveシリーズの名を継承した自発的でありながらもトルクフルなバサロアクションである。

カバー攻略を意識すればするほど、すり抜け性に影響を与えるパーツが削がれたシンプルなデザインになり、誘いも単調になりがち。だが、すり抜けやすいシンプルなボディー形状ながらも緻密にデザインされたバサロパドルはボディーを大きく揺らしながら腹側背側(上下)に大きく振れ、相反する条件を高次元にクリア。14g以上の重いシンカーはもちろん、2g程度の軽めのシンカーでもフォール時にこれまでに全くなかった自発的バサロアクションを発生させ、スローな食わせからスピーディーなリアクションまで幅広く対応。スイミングではボディーをくねらせながらバサロパドルを上下に、スイミングスピードを速めれば上下左右ランダムにバタバタとバタつかせ、まるで逃げるザリガニのごとく躍動的な生命感溢れるアクションでバスの捕食本能を覚醒させる。

カバーのバスでさえルアーを選ぶほどハイプレッシャー化し攻略法が多様化しつつある昨今、ドライブビーバーがホグ系ワームの新たなスタンダードとなる。 

 
7gのリーダーレスダウンショットがおすすめなようです。
 
 
水中映像を見るとネコリグも面白そうな動きをしてますね!


オンラインショップであんまり売っていない&Fecoモデルは来春

欲しいー!

ただ、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングではあんまり売っていないのとFecoモデルが来年早春予定のようです。

http://www.jbnbc.jp/feco/?mode=detail&uid=1372

渋谷の上州屋に行くか迷いましたが、使ってみたい気持ちを抑えて、今週末の相模湖 or 津久井湖に向けてHPミノーを購入。

こちらは色々なオンラインショップで扱われるようになってきたようです。


この前の台風の影響で良い感じの濁りが入っていると情報をもらったので、大好きなコスモブラックも入れてみました。

【津久井湖のブラックバスを魅了中?】O.S.PのDoLiveBeaver(ドライブビーバー)

横の動きに反応し始めて、ワカサギも調子が良くなってきているという話題をちらほら聞く相模湖と、上流方面が最近面白くなってきていると噂の津久井湖。

今週末はどっちにしようか迷い中です。
どっちかに行って、リフレッシュしてきたいと思います🎶