モーターガイドX3-55V-36”のインプレッション【燃費良好!】

Ad
モーターガイドX3-55V-36”のインプレッション【燃費良好!】
スポンサーリンク

モーターガイドX3-55V-36”のインプレッション

モーターガイドX3-55V-36”のインプレッション

モーターガイドX3-55V-36”を購入しました。

この冬にモーターガイドX3-55V-36”を購入しました。 楽天市場で、エレキ本体×1・ボイジャーバッテリー105A×1・バッテリーチャージャー10A×1とエレキ用キャリーバッグがセットになっている商品です。


特徴はこちら。

VRSテクノロジー(Variable Ratio Steering Technology) VRSテクノロジーを採用することで、より精密で正確なステアリングを実現。 通常の釣りにおいて、もっとも頻繁に使う範囲(図中の赤い部分)では、より精密・正確な操作を行えるようにローギアで、急な危機回避などの際に、速やかに方向転換できるよう、大きく方向を変える範囲(図中のグレーの部分)ではハイギアに。 この可変ギアシステム(特許出願中)と、従来よりも安定性を強化した新設計フットペダルにデュアルケーブルステアリングシステム(2ワイヤーケーブルシステム)の採用で、今までにない、クラス最高水準の精密で正確なボートコントロールを実現。

使用して特に強く感じたのが、 今までにない、クラス最高水準の精密で正確なボートコントロールを実現。 というところ。

ボートラダーを使用していたのもありますが、今まで使用していたエレキとは直進性能や方向転換の操作のしやすさが全く違います。

「モーターガイドはトルクがミンコタより劣る」とよく言われていますが、ローギア域の設定があるおかげか、向かい風の中でもトルク不足はあまり強く感じませんでした。

ただ、それでもボートラダーがあるのと無いのとでは全く違うと思うので、良いエレキの性能をより活かすためにもボートラダーの使用がおすすめです。


X3-55V-36″ or X3-70V-45″

モーターガイドのX3シリーズには、7つのモデルがあります。
7つの内、4つが5段階変速で3つが無段階変速のモデルです。

X3-55-36″であれば5段階変速、X3-55V-36″であれば無段階変速です。
モデル名にVがついているかどうかで区別ができます。

5段階変速の方が無段階変速よりも4万円程安いので悩みましたが、無段階変速の方がバッテリーの持ちが良いということで、長く使用する物であることを考慮し、X3-55V-36″にしました。

X3-55V-36″ にするか、X3-70V-45″にするかで悩む。

価格差は2万円強なのですが、70Vになると電圧が24ボルトになるため、バッテリーが2つ必要です。予備バッテリーを考えると4つボートに積み込むことになります。

 
推進力はX3-70V-45″の方が当然上なのですが、あの重たいバッテリー4つを家→車→桟橋(ボート)→車→家、(しかも充電)はなかなか辛いです。
(※バッテリーは使用したらすぐに充電した方が寿命が数倍長いそうです。)  

バッテリーの保管スペースや車内のスペースも問題が出てきそうなので、X3-55V-36″を選びました。結果的には、X3-55V-36″ で私は十分でした。

14ftのレンタルボートを借りたのですが、気持ち良く操船できます。
いつも借りているのは10ftか11ftなので、さらに快適でしょう。  
ローボートのレンタルで使用するのであれば、X3-55V-36″ で十分なように思います。

バッテリーをたくさん積んで推進力を求めるのであればエレキを2機掛けするなり、グレードが上のX5シリーズを検討する方が良いかもしれません。  

私の場合は、バッテリーが1つセットに含まれていたので、容量が少し大きいバッテリーを追加購入して予備バッテリーにしています。・・・が、予備バッテリーを使わなくても毎回バッテリー1つで1日持っています。
(※以前使用していた物は、同じバッテリーを使用して1日持たず、予備バッテリーの出番がやってきていました。)  

ちなみに容量が少し大きいバッテリーはこちら。

▼M31MF▼


結構重いです・・・。

エレキ関連便利グッズ

エレキ関連便利グッズとして私の一押しがエレキ用キャリーバッグです。
購入したセットに一緒に付いていたのですが、単品での販売もあります。


リンク画像がハンドコンですが、もちろんフットコンも入ります!
エレキを運ぶ際に片手が空く感動が待っています!  

▼サウザー バッテリーキャリー▼


重たいバッテリーを軽くはなりませんが、運びやすくはできます。    

アンチキャビテーションプレート[モーターガイド用](※X3-55V-36”に取付可)


カラフルです!

【アンチキャビテーションプレート】エレキを変えずにスピードアップ!
アンチキャビテーションプレート導入★ 楽天市場の「お買い物マラソン」で、アンチキャビテーションプレートを購入しました。 そして前回・...

エレキのみでストレス無く快適に釣りを続けられるようにするための秘密が、このプレートには隠されています。

効果として一番大きいのは限界までペラを水面に近づけることが可能になることでしょう。

エレキで速く移動するにはコツがあり、ペラを水面に近づけるほど速度アップに繋がります。

ところが水面直下までペラを近づけることで弊害も発生します。

「アンチキャビテーションプレート」を装着することでシャフト後方に発生するエアポケットを完全になくし、エネルギーを無駄なく推力へ伝えることが出来ます。

また結果としてペラが水面直下にくることから、ちょっとした左右への方向転換の際にマウントを支点してのボートの横揺れが少なくなり安定性向上にも繋がっております。

モーターガイド サファリプロップ(予備)▼


プロップが外れて桟橋まで戻れなくなったり、ピンが曲がってしまった時に備えて、予備を1つ用意しておくと安心です!

 以上、モーターガイドX3-55V-36”のインプレッションでした。

独断と偏見ですが、参考にしていただけますと幸いです。