【大会練習!】津久井湖でボートを借りてブラックバス。

Ad
【大会練習!】津久井湖でボートを借りてブラックバス。
スポンサーリンク

【大会練習!】津久井湖でボートを借りてブラックバス。

2017年9月30日(土)、
本日は翌日に控える大会の練習で津久井湖へ行ってきました。

朝はもう寒い・・・

早いもので季節はもう9月も終わりです。
ボートにエレキをセットしたり、準備をしている時間は体を動かしているので寒さは全く感じないのですが、出船後の湖の上は寒いです。

暖かい服装で釣りに行くことをおすすめします!
日中は晴れていれば暖かいので着たり脱いだりしやすい服装が良いですね。

昨年発売された商品が型落ちで安く売られているので、最新にこだわらないのであれば在庫が豊富な今のうちが良いかもしれません。


本日は12:00まで

今日は大会前日であることと私用のため、12時帰着予定で出船しました。

ボート屋さんを出て上流方面へ。

水質は思いの他クリアです。

大沢ワンド、6番などの有名な場所に入って、TGブロー1/4ozにドライブシャッド3.5インチやヘビキャロ、HPシャッドテール2.5の1/16ozダウンショットなどを試してみますが反応なし。

そのままボートを上流へ向け、流していきます。

途中にあるインレットに、HPミノーのコスモブラック、1/16ozジグヘッドを入れて1度着底させ、6mぐらいのレンジをシェイクしながら通してくれるとバイト!

サバを読んで30cmのちょっと太ったバス。


魚探にベイトフィッシュの反応があってそのレンジを狙っていたのですが、どうやらシャローカバーというよりはベイトフィッシュに付いている魚の方を狙った方が良さそうな気がしました。

それにしても津久井湖・・・水深が深い(笑)
これだけ深い場所が多いと、バスが沈みたくなる気持ちも良くわかります。

私の場合、津久井湖は9月に入った途端にシャローで全く釣れなくなります。。。
もちろんシャローやトップで釣っている方を見かけることもあるので釣り方の問題だと思うのですが・・・

しかしディープで底を取りながらズル引きでも釣れないので・・・
難しいです・・・

名手ワンド

そのまま流して、名手ワンドへ。
名手橋を過ぎたあたりから、ベイトフィッシュが3m〜5mぐらいの浅いところに群れている反応が出始めました。

そのレンジを狙ってパワーダンク。


潜行深度は、フロロ8lbでMAX4.2mを記録。

(O.S.P公式ページより)

小さいシャッドなのにとてもよく潜ります。
ミドストと違って狙いたいレンジを私レベルでも外さないところが嬉しいポイント。

ワンドの真ん中付近で遠投して、ロッドワークで動かして2秒ほどポーズさせる、を繰り返しているとラインが跳ねてバイト。

ニゴイかな?と思ったら32cmのバス。
ベイトフィッシュをたくさん食べているせいか、このバスもお腹パンパンでした。

名手ワンドからさらに上流へ。
魚探の反応を見ながらベイトフィッシュが固まっていそうな場所を狙っていきます。

ベイトのレンジが10m前後に下がっているので、リアクションボム7g(ナイトメアブラック)。


名手ワンドをさらに上流に行った川幅が狭くなっているど真ん中で1人釣りをしているのでちょっと周りの目が気になります。。。

シャクって落とすを繰り返し、着底した後にもう1度シャクろうとしたところ、急に重くなりました。

ニゴイorブラックバス・・・ブラックバス希望!で巻き上げると30cmぐらいのブラックバス!

しかしランディング直前でハズれて、ルアーが偏光グラス直撃・・・
偏光グラス割れる。。。
サイトマスター・・・・・・・・・

怪我をせず済んだので偏光グラスに感謝し、明日はもう1つの偏光グラスで頑張りたいと思います!

偏光グラスは必須です。

津久井湖の下流側は沈黙の模様・・・

名手方面から、今度は反対側の岸際やブレイクやど真ん中のベイトが集まっている場所やらを狙ってみますが全く反応を得られずでした。。。

観光周辺と三井大橋より下側を中心に回ってみたという人に話しを聞くと、完全に沈黙だったとのこと。。。

・・・難しい。。。

明日は名手ワンドから上に絞って頑張ってみたいと思います。
メタルバイブが面白そうな予感!です。