今年は調子が良いらしい多摩川@中野島〜稲田堤

Ad
今年は調子が良いらしい多摩川@中野島〜稲田堤
スポンサーリンク

今年の多摩川は調子が良いらしい!

良く拝見しているブログで、今年の多摩川は調子が良いという内容が書かれていました。
家からもっとも近いフィールド、多摩川。

たぶん100回以上通って、釣ったバスの数は20匹に満たない多摩川。

でも釣る人は釣る多摩川。

そんな多摩川に仕事帰りに行ってきました。
早出勤務の日は仕事帰りでも多摩川でなら釣りができる♪

中野島の堰の下流からスタート

今年は調子が良いらしい多摩川@中野島〜稲田堤

川幅が広く、流れの変化に富んでいて、水深がある場所です。
ベイトフィッシュもたくさんいます。

▼ハンクル ジョーダン50▼


リップレスミノー。

長い間ロコのシークレットとして使用されていたK-I MINNOW 65 SP リップレスチューン。

数々の実績が物語っている通り、全ての要素において考え抜かれたワカサギに極めて近い疑似餌は、日本の多くの湖において、元祖i字系ルアーとして密かに重用されてきました。

このK-I 65 SP リップレスチューンをベースに、釣り勝つ為のルアーとしてブラッシュアップし完成したのがHMKL Jordanです。

幾度となく繰り返されたテストの結果、リアフックを排除し、フライマテリアルであるティンセルを装備。フローティング設定によるK-Iボディー特有の前傾姿勢は、後方から追尾してきたバスでさえ前方に回り込んでバイトするほどニュートラル状態の魚を狂わせ、i字系のルアーにありがちだったチェイスしつつも途中でUターンしてしまうバスを、高確率でストライクさせます。

小柄なボディーながら圧倒的な集魚力を発揮するHMKL Jordan。その冗談の如き威力には、きっと驚きと喜びを感じて頂けるはずです。

”OVER REAL 63 WAKE”がなかなか売っていなくて探しているのですが、どことなく似ている”ハンクル ジョーダン50″は大好きなルアーで、荒川、河口湖、西湖でかなり数を釣っているお気に入りのルアーです。

超スローに引くと、i字形とは違ったロールアクションをしてくれて、弱った魚風に見えます。

■ 基本アクション ■

● スローリトリーブ : ごくごくわずかなローリングアクション。
● 高速リトリーブ : ふり幅の小さなS字アクション。
● トゥイッチ&ジャーク : キレの良いダートアクション。

(公式ページより)

多摩川で釣った経験がある場所は、水深があって水の動きがあまりなくてベイトが絡む場所か、急な流れが落ち着いて淀んだ場所がほとんどです。

今年は調子が良いらしい多摩川@中野島〜稲田堤


こんな感じのところですね!

見えバスがたま〜にいて、ニゴイは元気に泳いでます。
ハンクル ジョーダン50を流れに乗せてドリフト気味に泳がせていきます。

ハンクル ジョーダン50の良いところは、フローティングなところ。
水深がそこまでない上に大きめの石が多い、多摩川の写真のような場所では、根掛かりが多発します。

数投して、釣れないので移動しようとしたところ、対岸でやっていた人が釣りました。
サイズが小さい〜と仰っていましたが、釣れるだけ羨ましいです。

ハンクル ジョーダン50で、写真のような流れに変化がある場所を移動しながら狙っていきます。
すると、不自然なラインの動きが・・・

小バスの群れがルアーを追いかけて、何度か突いてUターン。
ジョーダン50のティンセルを突いていたようです。

サイズは20cmないぐらいで、5匹程の群れでした。
回遊してる?

数カ所、良さそうなポイントを回ってダメだったので移動!

今年は調子が良いらしい多摩川@中野島〜稲田堤


石を渡って中洲に行くことができますが、結構滑るのと、水量が多い時は危ないので十分気をつけましょう。

滑って転んでいる人を何回か見たことがあります。

堰を超えて稲田堤方面へ

今年は調子が良いらしい多摩川@中野島〜稲田堤


こちら側は水深があります。
流れはありませんが、表層をベイトが泳いでいたり、テトラが沈んでいる場所があったりとなんとなく釣れそうな気配が漂っていることが多いです。

▼マイクロポンパドール▼


先日購入したので、試しに使ってみることにしました。
まだ流通量は少なそうですが、Amazonで購入できました。

良い動き!相模湖で使いたい!!!


そんなこんなで、テトラが沈んでいる辺りまで行ってUターンして、1時間半ほどの釣りのあと、帰路につきました。

立日橋や日野橋方面が良いとはよく聞きますが・・・
多摩川での釣り方を教わりたいです・・・。。。