荒川ブラックバスフィッシング・・・笹目橋→三領水門→治水橋

Ad
荒川ブラックバスフィッシング・・・笹目橋→三領水門→治水橋
スポンサーリンク

荒川ブラックバスフィッシング・・・笹目橋→三領水門→治水橋

荒川ブラックバスフィッシング・・・笹目橋→三領水門→治水橋

2014.11.2(日)
本日も荒川へブラックバスを釣りに行ってきました。

まずは、いつもの笹目橋へ。

荒川ブラックバスフィッシング・・・笹目橋→三領水門→治水橋

3連休もあって、本日は人が多いです。

水門周りからのスタートはやめて、本流側のテトラへ。

荒川ブラックバスフィッシング・・・笹目橋→三領水門→治水橋

SAWAMURAリッジのジグヘッドワッキーからスタート。

このワームは使い方のところにいろいろ説明が書いてあって勉強になるのですが、個人的にはその説明欄に無いジグヘッドワッキーをハチマキのところにセットして表層を巻く釣りが好きです。

1/16oz〜1/8ozまでのジグヘッドでワッキーにすると、フォールは逃げ惑う魚風になり、着底のあとは2回リフトしてフォールさせるとまた良い感じにブルブル震えながら沈んでいきます。

縦セットと横セットが書いてあるのですが、この方法では縦セットで使います。

テトラ際というよりも沖に向かってキャストして表層を巻いてくると、ブルブル震えながら弱ったベイトフィッシュ的な動きをしてくれて、バスやギルが追ってきます。

突く感じのバイトもありましたがフッキングならず。

シャッドか?と思い、ソウルシャッドへチェンジ。

45SP、サイズは小さいですがよく飛んで使いやすいです。

ただ、テトラ帯なので何回も根がかりになりヒヤヒヤ。

無事回収出来てロストはせずに済みましたが、このポイントでは少し使いづらいので、
One’up SHADの4インチ、ノーシンカーへ。

バジング的な使い方や表層に波紋を残すような巻き方でアプローチしていくとたまにチェイスはありますが、バイトに至らないため、少し移動。

船着場

船着場のテトラ帯

船着場のテトラ帯

テトラ帯でOne’up SHADを巻いてくるとバイトがありましたが、フッキングならず。

One’up SHADのテール部分だけ無くなっていました。

ギルかもしれませんね。

フォローでフリックシェイクへチェンジ。

ラインが走りますが合わせるとギル。

本日、ギル1匹目です。

人が多いのとブッコミやっている人が多くてなんとなくキャストしづらいので移動!

スマホで調べて三領水門へ行ってみました。

笹目橋から車で7kmほど下流へ。

インターネットで調べた駐車スペースを目指して行ってみますが、ゴルフ場にたどり着きました。

たどり着いた場所に居た人に聞いていみましたが、駐車スペースは無いとのこと。

その方もコインパーキングに車を停めてゴルフ場の送迎バスで現在の場所までたどりついたそうです。

コインパーキングも嫌なので、ポイントを探して上流部へ行くことにしました。

前回行った治水橋です。

治水橋下流側

橋の上流側には先行者が4名ほどいたので、下流側の沈みテトラを探っていきます。
またしてもOne’up SHADの4インチ、ノーシンカーへ。

垂直バイトが1度あったのですが、サイズが小さそうだったので、沈める作戦へ。

この段階ではスモールのバイトかと思ったので、小さめのワームへ。

ベクターバグに1/32ozのネイルシンカーを入れてキャスト。

バイトがあったテトラの隙間にフォールさせるとバイトあり!

このリグがベイトでキャストできるので、すごい時代です。

そして、やっとフッキングできました。

治水橋のギル

ギルが。。。

少し下流へ移動。

治水橋の下流側

岸際を探っていくと釣れます!

ギルが。

全部で7匹釣れました。

昨日の雨で濁っていますが、見えバスもいました。

ただ、ワームを投げるとすごい勢いで逃げて行きました。

・・・バス求む!